外壁塗装しま専科 ~ 口コミや評判で選ぶ時代に ~
外壁塗装しま専科 > 基礎知識 > 外壁を長持ちさせたい!持続力の高い塗料の選ぶ時のポイントは?

外壁を長持ちさせたい!持続力の高い塗料の選ぶ時のポイントは?

Pocket

外壁が汚れてきたからそろそろ外壁塗装をしなければいけないと考える人も多いでしょう。

外壁塗装は10年に一度のペースで行うのが目安と言われていて時期が近づいてくると準備が必要になってきます。

業者に依頼すると見積もりをしてくれますが、その時に使用する塗料を選ぶ必要があります。

外壁塗装をすると費用がかかるので出来るだけ持続力の高い塗料を選びたいところですが、種類があるので迷ってしまいます。

そこで持続力の高い塗料の選ぶ時にどのような点がポイントになるのか見ていく事にしましょう。

耐久年数が10年以上

外壁塗装に使用する塗料はウレタン、シリコン、フッ素などがありますが、外壁の劣化の目安となる10年以上の耐久年数である事を重視して選ぶ必要があります。

ウレタンは価格が安いので使用されている事が比較的多い塗料ですが、耐久年数は約7年となっているので持続力が高いという点では疑問が残ってしまいます。

シリコンは価格と機能のバランスが良い塗料で耐久年数が約10年となっているので持続力の高さはあります。

しかしシリコンが含まれている量が少ない塗料もあるので持続力があまり高くない場合もあります。

フッ素は価格が高いですが、耐久年数が15年以上で長期的な外観維持に適しています。

持続力も高いので長持ちさせたい時はおすすめの塗料です。

耐久年数が10年以上の塗料はシリコンとフッ素が挙げられるので予算を考えながらどちらかを選ぶといいでしょう。

防水力が高い

外壁は日常的に雨の影響を受けているので劣化してくると雨漏りが発生する事も多いです。

雨漏りが発生してしまうと壁や床が濡れて土台になっている部分が腐食して老朽化も進行してしまいます。

持続力の高い塗料を選ぶ時は耐久年数だけでなく防水力が高い点も重視しなければいけません。

ウレタンはあまり防水力が高くないのでおすすめする事は出来ませんが、シリコンやフッ素は比較的高いのでおすすめです。

価格を重視するならシリコン、耐久年数と防水力を合わせた総合面を重視するならフッ素を選ぶといいでしょう。

しかしフッ素は塗膜が硬いのでひび割れが発生するリスクがあるのでその辺りもしっかり頭に入れておくようにしましょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

持続力の高い塗料は耐久年数が10年以上で防水力が高い点を重視するのが効果的な選び方となっています。

シリコンかフッ素が選択肢になる可能性が高いので住んでいる外壁に適しているのはどちらなのかをしっかり判断していきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめ外壁塗装会社3選
3 RECOMMENDED COMPANIES

1

外壁ドットコム

特長
  • ネット上の見積もり金額そのまま
  • お支払いは安心の完工時
  • 安心の5年保証
  • 安心の日本全国対応
  • 外壁・屋根塗装工事でTポイントが貯まる
TEL 0120-676-383
ホームページ http://gaiheki-com.com/
2

カインズホーム

特長
  • 安心の保障制度
  • 1ランク上の外壁塗料
  • 全国200店舗の実績
  • 現場調査、見積り無料
TEL 0120-88-5279
ホームページ http://www.cainz.co.jp/reform/exterior/paint/index.html
3

住友不動産

特長
  • 大量仕入れだから実現する低価格
  • 10年保証
  • 24時間365日のアフターサービス
  • 見積り無料
TEL 0120-093-155
ホームページ https://www.sokkuri3.com/reform/pack/roof-wall_package//
PAGETOP
   
© 2018 外壁塗装しま専科
徹底比較ランキング